酒噺 ~もっとお酒が楽しくなる情報サイト~

グラス一杯にぎっしり詰まった“こだわりのレモンサワー”の噺

グラス一杯にぎっしり詰まった“こだわりのレモンサワー”の噺

レモンサワー。関西では、レモンチューハイとも呼ばれている大衆居酒屋の常連メニューですが、「ちょっと甘くてとっつきにくい」なんて目で見られていることも多いようです。 しかし、近年このレモンサワーが進化を遂げ、東京をはじめ関西などでも、じわじわと人気を博しています。 若者も、年配のお酒好きも、女性にも男性にも支持を集める新しいレモンサワーとは?関西のレモンサワーブームの火付け役となった、京都の「酒場エビス」の店主にその魅力とこだわりをうかがいました。そこには、出来合いのシロップでつくるレモンサワーとは違う、こだわり抜いた美味しい一杯にかける情熱が。

酒場エビスの「名物レモンサワー」

京都木屋町。数多くの飲食店が軒を重ねるこの街の一角に「酒場エビス」はあります。
店内には懐かしの歌謡曲が流れ、から揚げや肉豆腐など定番メニューに加え、近江(滋賀県)の食材をつかった佳肴(かこう)が並びます。
この店が試行錯誤の末に作り上げたのが「名物レモンサワー」。
通常のレモンサワーとの違いは一目瞭然。
ジョッキにぎっしりと詰まったこのレモンは、広島県生口島の農家が丹精込めて作ったもの。しかも、レモンの樹の内側になる香りの高い実だけを選んで使用するというこだわりようです。このレモンをグラスに敷き詰め、蜂蜜とレモンを合わせて漬け込んだ甲類焼酎をベースに、強炭酸で割れば名物のレモンサワーの完成。なお、グラスひとつに使われるレモンは約1個。ジョッキでは2個の大ボリュームでレモンサワーが楽しめます。
「レモンサワーは酸っぱいから」「レモンサワーは甘いから」というマイナスイメージを持つ人は少なくありません。しかし、この店のレモンサワーを口にすればそんな偏見は一瞬で覆されます。
グラスを傾けサワーを流し込むと、強い炭酸の刺激とともに、鼻の奥にレモンの爽やかな香りが一気に広がり、酸味は感じるものの後味はあくまでもすっきり。
時間が経つと氷が溶けシャバシャバとした味気ないものになってしまいがちですが、酒場エビスではその心配もなし。氷を入れず、レモン自体を凍らせているので、グラスの中のレモンサワーはいつまでも香り高いまま。

名物レモンサワー誕生秘話

このレモンサワーを作り上げたのは、店主の定國陽一さん。
大阪の老舗料亭で修行した後、東京へと渡った定國さんは、東京の大衆もつ焼き屋でレモンサワーと出会います。半分にカットされたレモンとジョッキに入った焼酎、さらに炭酸のセットで提供される東京のレモンサワー。自ら果汁を絞り入れて炭酸で割る、出来立ての香りと味に衝撃を受けたそうです。
2017年に再び関西へと戻ることになった時、定國さんは「レモンサワーを関西でも広めたい」と考えるようになりました。しかし、ほかの店と同じものを出していたのでは特長がない。
国産のレモンや地元京都企業の焼酎を選び、幾度も試行錯誤を重ね、都(みやこ)のバーテンダーやソムリエ、お酒好きの女性などの意見を取り入れて、この店にしかない「名物レモンサワー」は完成しました。
さらに現在では、名物レモンサワーに加え、酢で漬け込んだレモンを使用したものや、塩レモンを使ったものなど、レモンサワーのメニューも多彩で、新たなバリエーションが日々生まれています。定番を確立し、なおも進化し続けるレモンサワー。その魅力はSNSなどを中心に広がり続けています。

「とりあえずレモンサワー」のススメ

「個人的に関西にはまだ美味しいと思えるレモンサワーが少ないですからね」と語る定國さん。
関西で店を構えた後に、街中の酒場で調査を兼ねてレモンサワーを頼むも、なかなか「これは!」という一杯には出会えていないといいます。
「やっぱり、料理と合わせたり、仲間とワイワイ楽しんで飲むなら美味しいお酒がいいですよね。酒場エビスのレモンサワーは、甘さも控え目で脂ものにも、さっぱりした料理とも相性が良くおすすめ。一気に喉を潤したい時にも、長話に花を咲かせる時にも楽しめる自信作です。ウチの店をきっかけに、関西の人たちもレモンサワーを楽しむようになってくれればいいなと思いますね」と、レモンサワーにかける想いを話してくれました。
酒場エビスの目指すところは“最初の一杯”。つまり一杯目からレモンサワーの注文してもらうことだそうです。

春が終わり、次に待ち受けるのは熱暑の夏。
爽やかな香りのレモンサワーで、喉を潤すのにぴったりの季節。
酒場エビスで「とりあえずレモンサワー」を注文してみませんか。
きっと、今までのチューハイやサワーの認識を根底から変えてくれる素敵な出会いがあるはずです。

<取材協力>

酒場エビス
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
所在地:京都市中京区米屋町378-1 1F
HP:http://sakaba-abs.business.site/

※取材データは2018年4月時のものです

関連記事

この記事のキーワード