酒噺 ~もっとお酒が楽しくなる情報サイト~

アウトドアで楽しむオリジナルサワーの噺

アウトドアで楽しむオリジナルサワーの噺

2022,4,29 更新

世間は大型連休。今回の酒噺では、普段は手軽に缶チューハイを楽しんでいる方にもおすすめしたい、少し手を加えるだけで新しい楽しみ方ができるアウトドア飲みをご紹介します。

目に眩しい青葉が山を覆う晩春から初夏。
この時期は風も涼やかで、盛夏ほど暑くもない、屋外での活動には最適な季節。特に、「まん延防止等重点措置」も解除され、徐々に街に繰り出す人が多くなってきている昨今、適度に人混みを避けて楽しむなら、山や川辺がなにより。
こうしたアウトドアでの楽しみのひとつが、屋外で味わう料理とお酒。
今回は、キャンプやBBQ(バーベキュー)でのお酒の楽しみ方の新提案。ちょっと特別感のある“手作りサワー”をアウトドアで楽しんでみませんか?

旬の果実で作るオリジナルのフレッシュフルーツサワー

 (6738)

キャンプやBBQに持参して楽しむお酒というと、すでに炭酸で割ってあるサワーなどが定番。ですが、非日常を味わえる野山や海辺へ出掛けるのなら、いつもとはちょっと違ったお酒が飲みたくなるもの。

そんな時に便利なのが炭(タン)酸入り焼酎(チュー)“極上<宝焼酎>「タンチュー」”。 キレの良い『極上<宝焼酎>』と強炭酸をベストバランスで配合したこのお酒は、いわばサワーのベース。お気に入りの果実を搾ったり、混ぜたりすれば、すぐにオリジナルのフレッシュフルーツサワーができるのが嬉しいところ。

とはいえ、大衆酒場でお酒を嗜んでいる皆さんにとっては、“フレッシュフルーツサワー”というと、いささかハードルが高いように感じるかもしれませんが、「いつもとはちょっと違うお酒」と聞いたらやっぱり試してみたくなるもの。

 (6752)

「BBQの際に、ちょっとつまめる果物があると家族も喜ぶし…」そんな言い訳をしながら、みんなで持ち寄ったフルーツをクーラーボックスに詰め込んで、気の合う友人や家族と、初夏のアウトドアスポットへ出掛けてみましょう。

まずは定番・レモンサワー

 (6742)


サワーの定番であるレモンサワー。既製の缶酎ハイなども多数発売されていますが、切りたて、搾りたてのレモンを自分好みの配合で作るレモンサワーは、別格の美味しさを味わえます。
レモンとスクイーザーがあれば、その場でフレッシュなレモンサワーの出来上がり。
自作ならパンチの効いた酸味あふれる味わいや、ふんわりとレモンが香るマイルドな味わい、ほのかに苦味のある皮をちょっとだけ入れて深みのある味わいも自由自在で、味のレパートリーも広がります。
自然の音に耳を傾けながら、チェアにゆったりと腰掛けて飲むのも乙なもの。おつまみには、お肉系はもちろん、川魚の塩焼きなどもよく合います。

 (6744)

また、氷の代わりにあらかじめ凍らせたカットレモンを使うと、氷で炭酸が薄まることなく最後までフレッシュなサワーを楽しめます。

甘い香りと程よい酸味が嬉しい、いちごサワー

 (6747)

フレッシュフルーツサワーの中でも高い人気があるのがいちごサワー。強炭酸の泡が弾けると甘酸っぱい香りが広がるこのお酒は、広々としたピクニックフィールドなど、気持ちの良い場所で飲むとより一層趣深くいただけます。
意外と思われるかもしれませんが、いちごの酸味はお肉とよく合い、特にタン塩やハラミなど、ちょっと脂っ気のある牛肉と相性ピッタリです。
作り方は、贅沢に半分にカットしたいちごをグラスいっぱいに入れるのがコツ。はじめの一杯は潰さずにフレッシュな香りと甘みを楽しんで、2杯目はスプーンやマドラーでちょっといちごを潰して、濃厚炭酸いちごスムージーのように味わうのがオススメです。

胸のすくような清々しい香りのキウイサワー

 (6750)

爽やかな香りとほんのり甘いキウイも、フレッシュサワーの常連。最近では、糖度の高いゴールドキウイも出てきていますが、サワーにするなら昔ながらのエメラルドのような鮮やかな緑のキウイがおすすめ。
その酸味と清々しい香りの魅力が際立つように、輪切りやダイスカットにしてグラスにゴロっと投入、「タンチュー」を注いでみましょう。
深い森の中にいるような、心落ち着く香りが口から鼻へと抜けていきます。
主張しすぎないキウイサワーは、キノコや野菜と合わせても美味しいもの。また、鶏肉などのジューシーなお肉とも好相性です。

割っても濃厚な甘味が楽しめるパイナップルサワー

 (6754)

サワーだけでなくカクテルの材料としても使われることの多いパイナップル。「タンチュー」の強炭酸に負けることなく、ジューシーな果汁と、ふくよかな香りを存分に味わうことができます。海辺で楽しめばリゾート気分が高まること請け合い。
なお、パイナップルは、香りが十分に膨らんだ完熟のものを選ぶのがサワーを美味しく仕上げるポイント。グラスの縁に岩塩などをつけたスノースタイルにすると、口当たりはスッキリ、濃厚な甘みはより一層強く感じられます。
合わせる料理は、BBQソースや焼き肉のタレなど甘辛いタレで合わせた、焼き肉がピッタリ。特に豚のロースなど肉汁たっぷりのジューシーなお肉との相性は最高です。

屋外で、オリジナルサワーを楽しもう!

 (6759)

好みの果物等の割材と“極上<宝焼酎>「タンチュー」”を用意すれば、その場で簡単にオリジナルサワーができます。
アウトドアで楽しむなら、道中の道の駅で地元の特産品の果物を見繕ったり、収穫体験のある農場にも併せて訪れて、さくらんぼやプラム、桃やトマトなど穫りたて・もぎたての果物をタンチューと合わせるのも面白いかもしれません。

爽やかな風が吹き抜け始める時期、アウトドアシーズンの到来となりました。
今年はアウトドアで、ちょっと特別なお酒を楽しんでみませんか?
   

\この記事をシェア/

  • twitter
  • facebook