酒噺 ~もっとお酒が楽しくなる情報サイト~

居心地のよい角打ち&立ち飲みと出会うための噺

居心地のよい角打ち&立ち飲みと出会うための噺

何軒か立ち飲みや角打ちのお店を巡ってみると、気がつくのはそれぞれの店には個性があるということ。その個性を作るのは、内装やお店の得意とする料理やお酒の種類であったり、時にはお店の方や常連の作る場の空気であることも。今回は、そんなお店の雰囲気を作る常連さんやお店の方々のお話。訪れたのは、大阪北区の天神橋筋商店街の上谷商店。ここにはどんな「お店の雰囲気」があるのでしょうか。

今回も、「初めて訪れる店での『コミュニケーション』の噺」でご一緒したモデルのスミレさんと共に訪問。2回目にしてすでに、角打ちの魅力にハマりつつあり。

日本一長い商店街の角打ち

天神橋筋商店街。約2.6kmに渡って続くアーケードに600あまりの店舗が集まる日本一長い商店街です。この商店街の一角にあるのが「上谷商店」。



この店の看板は笑顔の素敵な女将の上谷秀子(うえたに・ひでこ)さん。さらに、息子さんである隆太(りゅうた)さんが手がける料理の数々も評判なのだそう。

15年ほど前に酒販店一本の経営から、角打ちへと転身した上谷商店。



当初はカウンターに秀子さんだけだったのですが、数年前に足を怪我した時から、隆太さんもカウンターの中からお店を支えるように。

今では、商店街近くの公設市場から仕入れる鮮度抜群の魚や野菜を使ったおつまみや、低温でじっくりと火を通した自家製肩ロース焼豚など、角打ちらしからぬ本格的な料理が並ぶ知る人ぞ知る地元の人気店となっています。

常連が残すお店に残す思い出の品々

店の中を見回すと、何やら文庫本が何冊も並んでいます。



小説もあればエッセイもありジャンルはバラバラ。この本はどこから仕入れたのかと秀子さんに聞いてみると「それは“上谷文庫”。お客さんが持ってきて、ここで読んで置いていくんです。ウチではカウンターで本を読むお客さんが結構多いんです」とのこと。

他にも、店の中を見渡せば周年記念に常連さんが作ってくれた掛札や、お店主催のバーベキューや常連さんと参加したマラソン大会の写真など、そこかしこにお店とお客さんのつながりを伝えてくれる品々が飾られています。

カウンターの風景になるお客を目指せ

「本当にウチの店はお客さんが親切で」と秀子さん。個人商店が多く、付近には住宅街が広がっている天神橋筋商店街の上谷商店では、常連さんも地元の方が多いそうで、1日に3回、ふらりと立ち寄る人もいるのだとか。



さらに「常連さん同士の仲も本当によくって、この店で出会って結婚した方もいるんです。それから、常連さんのお一人にお医者さんがいるんですが、その方がいるときに“今日は主治医がいるから安心だ!”なんて飲み始める人もいたんです。しばらくしたらそのふたりが本当に主治医と患者の関係になっていたり。いろんな出会いがあって、お客さん同士つながりあえるのがこの店のいいところですね」(秀子さん)

隆太さんも「馴染みのお客さんが来てくれると嬉しいです。その反面、いないと心配になったり、寂しくなったりもします。楽しげなお客さんのいる風景は、やっぱりお客さんにとっても、私たちにとっても心落ち着くものです。これからウチにいらっしゃるお客さんもあまり緊張せず、肩の力を抜いてこの店の雰囲気に溶け込んでほしいですね」と続けます。



お話を聞いているうちに、カウンターにはお客さんが並び始めました。隣り合ったお客さん同士やカウンター越しにおかみさんと「あいつは来ていないの?」とか「今度、仕事でどこそこへ・・・」など親しげに話し始めるお客さん。



上谷商店はカウンターの中も外も距離が近く、不思議な一体感が生まれています。

「自分にとって居心地のよい店」を探そう

スミレさんにお店の印象を聞くと、「初めてきたのに本当にみなさん話しやすいので驚きました。おかみさんがちょうどよく間に入ってくれるので、お話のきっかけも掴みやすいし、居心地がいいですね」



それを聞いた秀子さんは「よかった。でも、スミレさんがしっかり目を見て楽しそうに話してくれるから、こっちも話しかけやすいんですよ。ウチは親子ふたりでやっているからやっぱり家庭的な雰囲気がウリ。人によって好みはあるけど、常連さんはみんなこの雰囲気を好きだと言ってくれるんです」さらにそれを聞いて、お店の魅力を口々に語り始める常連さん達。スミレさん、すっかりお店の一員になっています。

お店に飾られた品々や、カウンターに流れる雰囲気は、お客さんとお店の方が一緒に積み上げてきた店の歴史の表れ。この空気に「いいな」と共感したり、「自分も参加してみたい」と感じた時、あなたもその店に通う常連となるのかもしれません。



「立ち飲みや角打ちは敷居が高そうで行ったことがない」、「行ってはみたけれど、いつの間にか足が遠のいてしまった」そんな方は、まずはいろいろなお店を訪ねてみて「自然と店の雰囲気が肌に合う」場所を見つけてみては?

<取材協力>

上谷商店
営業時間:10:00~22:00 
休日:日・祝休
住所:大阪府大阪市北区天神橋4-6-17
※取材データは2018年9月時のものです。