酒噺 ~もっとお酒が楽しくなる情報サイト~

宝酒造

宝酒造

フォロー

0 人にフォローされています

一升瓶を持参してのご挨拶を、粋に演出する “風呂敷”の噺

一升瓶を持参してのご挨拶を、粋に演出する “風呂敷”の噺

昔は、どのお宅にも必ずあった風呂敷。最近めっきり使う機会が少なくなったと思いませんか? ただ、この風呂敷が最近日本人や日本を訪れる海外の方の中で徐々に人気が高まっているのだそう。その人気の秘密を探りに、この風呂敷ブームを牽引する、京都紫野の「ふろしき研究会」を訪ねました。
宝酒造 | 1,293 view
こんな料理が家でできるの?最新「調理家電」で作る「絶品おつまみ」の噺 <日本酒>編

こんな料理が家でできるの?最新「調理家電」で作る「絶品おつまみ」の噺 <日本酒>編

家飲みは、自分で好きなおつまみが作れるのが最大の魅力。ちょっと手間をかけたおつまみとお気に入りのお酒を組み合わせるだけで、外で飲むのとは違う満足感が得られると思います。とはいえ、難しい料理に挑戦するのは面倒……。そんなときに大活躍するのが、最新の調理家電なんです。酒噺では、調理家電でカンタンに作れるおつまみのうち、チューハイ、日本酒、本格焼酎に合うものを3回に分けてご紹介。第3弾は<日本酒編>をお届けします。 ※いずれも公式レシピを参照しています。
宝酒造 | 1,649 view
コンビニ・スーパー、お取り寄せで手軽に揃う! 日本酒に合う「ベストおつまみ」の噺

コンビニ・スーパー、お取り寄せで手軽に揃う! 日本酒に合う「ベストおつまみ」の噺

お酒を飲むときに欠かせないのが、おつまみ。おつまみは、それ自体がおいしいのはもちろん、お酒のおいしさを最大限に引き出してくれるものを選びたいですよね。今回は、そんなおつまみのなかでも、日本酒にバッチリ合う最強のおつまみを紹介していきます!※表示価格はすべて税込
宝酒造 | 2,163 view
日本食文化の礎を築いた“山蔭神社”の噺

日本食文化の礎を築いた“山蔭神社”の噺

お酒に合う食事に出会えたらいつものお酒が何倍も美味しく感じますよね。豊穣の秋である11月は日本食にとって大事な月とされ、11月24日は“和食の日”、11月30日は“本みりんの日”に制定されています。繊細な味付けや美しい盛り付けから、世界からも愛されている独自の日本食文化。その文化を作り出し、多くの料飲関係者から崇敬を集めている「料理の神様」が京都にお祀りされていることをご存知ですか? 「料理の神様」はどのようにして生まれたのか。今回は、日本で初めてあらゆる食物を調味付けたとされる「料理の神様」をお祀りする“山蔭神社(やまかげじんじゃ)”の噺。
宝酒造 | 1,188 view
コンビニ・スーパー、お取り寄せで手軽に揃う! 本格焼酎に合う「ベストおつまみ」の噺

コンビニ・スーパー、お取り寄せで手軽に揃う! 本格焼酎に合う「ベストおつまみ」の噺

お酒を飲むときに欠かせないのが、おつまみ。おつまみは、それ自体がおいしいのはもちろん、お酒のおいしさを最大限に引き出してくれるものを選びたいですよね。今回は、そんなおつまみのなかでも、本格焼酎にバッチリ合う最強のおつまみをご紹介していきます!※表示価格はすべて税込
宝酒造 | 18,366 view
コンビニ・スーパー、お取り寄せで手軽に揃う! チューハイに合う「ベストおつまみ」の噺

コンビニ・スーパー、お取り寄せで手軽に揃う! チューハイに合う「ベストおつまみ」の噺

お酒を飲むときに欠かせないのが、おつまみの存在。おつまみは、それ自体がおいしいのはもちろん、お酒のおいしさを最大限に引き出してくれるものを選びたいですよね。今回は、そんなおつまみのなかでも、チューハイにバッチリ合う最強のおつまみをご紹介していきます!※以下おつまみの表示価格はすべて税込み
宝酒造 | 14,175 view
こんな料理が家でできるの?最新「調理家電」で作る「絶品おつまみ」の噺  <本格焼酎編>

こんな料理が家でできるの?最新「調理家電」で作る「絶品おつまみ」の噺  <本格焼酎編>

家飲みは、自分で好きなおつまみが作れるのが最大の魅力。ちょっと手間をかけたおつまみとお気に入りのお酒を組み合わせるだけで、外で飲むのとは違う満足感が得られると思います。とはいえ、難しい料理に挑戦するのは面倒……。そんなときに大活躍するのが、最新の調理家電なんです。酒噺では、調理家電でカンタンに作れるおつまみのうち、チューハイ、日本酒、本格焼酎に合うものを3回に分けてご紹介。第2弾は本格焼酎編をお届けします。 ※いずれも公式レシピを参照しています
宝酒造 | 3,129 view
こんな料理が家でできるの?最新「調理家電」で作る「絶品おつまみ」の噺 <チューハイ編>

こんな料理が家でできるの?最新「調理家電」で作る「絶品おつまみ」の噺 <チューハイ編>

家飲みは、自分で好きなおつまみが作れるのが最大の魅力。ちょっと手間をかけたおつまみとお気に入りのお酒を組み合わせるだけで、外で飲むのとは違う満足感が得られると思います。とはいえ、難しい料理に挑戦するのは面倒……。そんなときに大活躍するのが、最新の調理家電なんです。酒噺では、調理家電でカンタンに作れるおつまみのうち、チューハイ、日本酒、本格焼酎に合うものを3回に分けてご紹介。第1弾は<チューハイ編>をお届けします。 ※いずれも公式レシピを参照しています。
宝酒造 | 3,956 view
居心地のよい角打ち&立ち飲みと出会うための噺

居心地のよい角打ち&立ち飲みと出会うための噺

何軒か立ち飲みや角打ちのお店を巡ってみると、気がつくのはそれぞれの店には個性があるということ。その個性を作るのは、内装やお店の得意とする料理やお酒の種類であったり、時にはお店の方や常連の作る場の空気であることも。今回は、そんなお店の雰囲気を作る常連さんやお店の方々のお話。訪れたのは、大阪北区の天神橋筋商店街の上谷商店。ここにはどんな「お店の雰囲気」があるのでしょうか。
宝酒造 | 1,663 view
改めて見直す、お酒と氷の噺

改めて見直す、お酒と氷の噺

酷暑も過ぎて、秋も深まりつつあるこの頃。炭酸の爽快感を求めて晩酌に酎ハイを飲んでいた人も、秋の夜長にゆっくりとオンザロックの焼酎やウイスキーを楽しむ人も多いのではないでしょうか。 そんななか「お店で飲む焼酎やウイスキーは一味違うな」と思ったことはありませんか? それはもしかしたら、「氷」の違いかもしれません。よくよく見てみると、バーや居酒屋の氷は、すっきりと透き通っていることが多いもの。あの氷は、家庭の製氷機で作る氷と何が違うのでしょうか? その疑問を解消するため、大阪市北区で明治時代から氷の販売を行う老舗「日本氷業株式会社」を訪ねました。
宝酒造 | 1,279 view
初めて訪れる店での「コミュニケーション」の噺

初めて訪れる店での「コミュニケーション」の噺

角打ちや立ち呑みの、賑やかなのにどこか落ち着く雰囲気を作る大きなポイントは常連客の存在。行きつけの店で常連となり、気心の知れた仲間やお店のスタッフと親しく話すひとときは、酒飲みにとっての「理想の時間」といえます。では、お店の人やお客さんと仲良くするためにはどうしたら良いのでしょうか? 今回は、「立ち飲みで会話の糸口を作る方法」を探りに、新大阪の老舗角打ち「橋本商店」にお邪魔しました。
宝酒造 | 1,936 view
世界に誇る日本酒文化のルーツとなった “お酒の神様”の噺

世界に誇る日本酒文化のルーツとなった “お酒の神様”の噺

10月1日は、「日本酒の日」ということをご存知でしょうか? 10月は採れたての美味しい新米を使った新酒造りが始まる時期。「酒造元旦日」として蔵元からお祝いされていたことから「日本酒の日」が制定されました。そんな今回は、醸造やお酒の神様とされる”松尾大社(まつのおたいしゃ)”の噺。
宝酒造 | 1,289 view
【TRANSIT×酒噺】旅の“宝噺”<アイスランド編>

【TRANSIT×酒噺】旅の“宝噺”<アイスランド編>

トラベルカルチャー雑誌「TRANSIT(トランジット)」では、毎号特集した国や地域の旅の思い出を編集部と制作に携わった取材クルーが語りあう「旅の宝話」という企画を連載しています。「酒噺」では、「TRANSIT」とのコラボ企画として不定期に、その内容を「旅の“宝噺”」としてご紹介します。今回は火と水の国「アイスランド」。真夏の白夜のアイスランドから舞い戻った写真家と、熱も冷めやらぬまに編集部で乾杯! 何して、何食べ、何飲んだ? 現地の味を肴にして、旅の思い出が尽きない夜になりました。
宝酒造 | 316 view
古来より日本人に親しまれる“お米の神様”の噺

古来より日本人に親しまれる“お米の神様”の噺

お酒にまつわる神様を巡る旅。今回訪ねたのは日本酒をはじめ、お酒にとって大切な原材料の一つであるお米の神様を祀る、千本鳥居で有名な伏見稲荷大社。商売繁昌の神様というイメージが強いですが、実は五穀豊穰を司る神様だということを皆さんご存知でしたか? 今回は知られざる“お米の神様”【伏見稲荷大社】の噺。
宝酒造 | 2,191 view
立ち飲みを楽しむためのマナーの噺

立ち飲みを楽しむためのマナーの噺

ちょっとレトロな街で夕暮れ時、あるいは昼下がりからお酒を楽しむ声が聞こえれば、そこにはきっと大衆的な立ち飲みの居酒屋があるはず。最近では、若い店主が経営するおしゃれな立ち飲みも多くなってきていますが、やはり訪れるのであれば昔ながらのお店にも行ってみたい。とはいえ、“常連客が多くてなんだか馴染めないのでは?”、または“お店独自のルールがあって気後れしそう”と思って二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。 今回は、本当に老舗の立ち飲みには独自のルールがあるのか、またあるとしたら何のためにあるのかの疑問をひも解くお話。新世界でお店を開いて60年以上を数える老舗の角打ち「平野屋」で、その実態を調査してきました。
宝酒造 | 2,941 view
41 件