酒噺 ~もっとお酒が楽しくなる情報サイト~

レモン料理とともに楽しむレモンサワーの噺

レモン料理とともに楽しむレモンサワーの噺

みなさんはレモンサワーを楽しむ時に、どんな料理を選んでいますか?定番では唐揚げにチキン南蛮の他、餃子、焼肉やホルモンなどが定番ですよね。中には自分だけの、ベストマッチな一品を密かに決めている方もいるのではないでしょうか。今回は、そんなレモンサワーにぴったりな料理選びの新提案。なんと、レモンをたっぷり使った料理とともにレモンサワーを楽しめるお店が京都にあるんです。その名もズバリ「酒場檸檬(さかばレモン)」。早速その味を確かめに、伺いました。

レモン好きオーナーが仕掛ける、肩肘張らない大衆酒場

京の台所、錦市場からほど近い場所にある酒場檸檬。



2018年8月にオープンしたばかりのこのお店の特徴は、その名前の通りレモンサワーとレモンを使った工夫あふれる料理の数々。



お店のオーナーは、京都では知る人ぞ知るブラッスリー(フランス語で飲食業態を指す言葉)「Citron Ble(シトロンブレ)」やお菓子教室「Citron(シトロン)」を運営する、山本稔子(やまもととしこ)さん。


各店舗の名前に付いたシトロンとはレモンのこと、そう山本さんは無類のレモン好きなのです。


普段から飲み歩きをしている山本さんはある時、「気軽に肩肘張らずに楽しめる大衆酒場を作ろう」と思い立ったそう。となれば、新しい店舗の名前に来るのはやはりレモン、大衆酒場らしく漢字の“檸檬”を冠した店名が決定。



お酒ももちろん、レモンサワーをメインにすると決めていたのですが、さすがにそれだけでは寂しい。何か名物になるものを…と考えて生まれたのが、レモンを使った創作料理だったのです。

意外?定番?レモンサワー×レモン料理

酒場檸檬のレモンサワーは3種類。定番のレモンサワーに、グラスに塩をまぶしたスノースタイルの“塩レモンサワー”、それからほんのりと甘い、“はちみつレモンサワー”。その全てに使われているのが飲食店専用の宝焼酎「レモンサワー用焼酎」35°。


「いろいろな焼酎で試作してみたんですが、これが一番飲みやすく爽やかになるんです。店のスタッフ満場一致で決定しました」と答えてくれたのは、総料理長の山岡寛典(やまおか・ひろのり)さん。山岡さんは、この店のレモンサワーだけでなく、メニューの5分の1を占めるレモンを使った創作料理も考案している料理人です。


「レモンサワーとレモン料理って合うんですよ。元々の素材が一緒ですから合わないはずはないんです。日本では、まだレモンを使った料理は浸透していないのですが海外ではかなりメジャーなんですよ。もちろんレモンを使ったお酒と合わせることも不思議なことではないんです」(山岡さん)。

山岡さんはかつて、イタリアで生活をしていたとのこと。現地で出会ったレモンの料理法が、酒場檸檬のメニューに生かされているのです。


酒場檸檬に来たら絶対に食べておきたいレモン料理の数々

【名物レモンマーボー豆腐 700円(税別)】
豆板醤などを使わず、唐辛子オイルを使って作られた白い麻婆豆腐。
たっぷりのレモン果汁でさっぱりとした口当たり、一呼吸置いてピリッと程よい辛さが追いかけてきます。

【ピザでレモン 880円(税別)】
ベシャメルソースにパンチェッタ(豚の頬肉の塩漬け)とレモンを乗せた優しい味わいのピザ。程よい塩気とチーズ&パンチェッタの脂を上手にまとめあげてくれる、レモンの酸味と皮の苦味が心地いい。

【酒場檸檬の薄切りレモンステーキ 1000円(税別)】
佐世保名物のレモンステーキを下敷きに、さらに磨きをかけた特製ステーキ。
ソースにもトッピングにもたっぷりと使われるレモンと、ケイパー(地中海沿岸原産の木の花のつぼみを酢漬けにしたもの)が肉の香りを優しく包み、脂のしつこさも洗い流してくれるのでついつい、箸が伸びてしまうこと請け合い!

カウンターにずらりと並んだ料理の数々に目を輝かせるスミレさん。



「今まで付け合わせ以外でレモンを使った料理ってあまり食べたことがなかったんですが、これは美味しい! ピザのちょっと焦げ目のついたレモンの感じも新鮮です。レモン料理の後にレモンサワーを飲むと、香りが膨らんで一層さっぱり香りよく感じますね。次は甘みのある蜂蜜レモンサワーも試してみたいです!」と幸せそうにグラスを傾けています。

こだわり生ハムと、自分流で楽しむレモンサワーを!

だんだんグラスを重ねてくると「すこし濃いめだったり、薄めのレモンサワーがほしいな」と感じるのは誰しも経験のあるところ。



そんな時に利用したいのが「お得なレモンサワー」。これは、宝焼酎の小瓶とソーダ、カットレモンを注文して、自分好みの酸味&割合で作れるレモンサワーです。これなら思い切り酸っぱいレモンサワーも、飲み心地のいい炭酸多めのレモンサワーも自由自在。中には少量のソーダで、焼酎を飲みきってしまう猛者もいるのだとか。




自分流のレモンサワーももちろん、レモン料理との相性は抜群なのですが、もう一つオススメしたいのが「生ハム」。イタリア産の生ハムをたっぷりと、目の前で切り分けて新鮮なまま提供してくれるなんとも贅沢な注文ができるのです。

ハムの脂は、サワーの酸味と炭酸に出会うことで、甘みとコクを残してさっぱりと清々しいものに。程よい塩気でサワーがまた進む。まさに持ちつ持たれつの関係。定番サワーとレモン料理を堪能したあとは、生ハムとセルフレモンサワー。決して裏切らない鉄板の取り合わせです。

【生ハム5種盛(1980円)】

新しいレモンサワー文化の発信地に

程よく崩して、肩肘を張らず。それでも提供される料理はさりげなく本格的。


レモン料理とレモンサワーを楽しめるこの店は、京都の新しいサワー文化の発信地となるかもしれません。


営業は午後6時から午前2時まで。
京都観光のついでに、お仕事終わりに、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


今まで体験したことのない、そして「なんで今まで試してこなかったんだろう?」と不思議に思う美味しい体験ができるはずですよ。

【取材協力】

酒場檸檬(さかばレモン)
営業時間:18:00~2:00
定休日:木曜
住所:京都府京都市中京区桝屋町514
※取材データは2019年2月時点

この記事のキーワード